一般の方々へ

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の独占的販売期間(有効性・安全性を検証する再審査期間及び特許期間)が終了した後(厚生労働の製造販売承認を受けた後)に発売される、新薬と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が同一であり、開発コストのかかる新薬に比べて低価格な医薬品です。

ジェネリック医薬品と言う呼び方は欧米では処方箋を書く際に、商品名ではなく薬に有効成分を示す一般名(generic)が用いられることをもとに日本の後発医薬品メーカーが主に使用している通称です。

▲ページ最上段へ